イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

【13:00~】
SHIBUYA POP ON SOUNDS vol.2

9月2日 土曜日

2017.09.02 (Sat)

OPEN/13:00    CLOSE/20:00

チケット引き換えの為、354stageは12:30〜OPEN)

DOOR/¥2.500+1D(¥500)   ADV/¥3.000+1D(¥500)

※前売り料金でご入場を御希望の方は予約が必要です※

予約方法は下記の2通りとなります。

♢ 当twinviteに「YES」参加表明 

♢ 出演者への直接予約 ♢

About

[ SHIBUYA POP ON SOUNDS ]

東京・渋谷発!2会場を使ったサーキットフェスティバル。

全国各地から各ジャンルのカルチャーに通じた多数の腕利きのDJ、アーティストが渋谷に大集結!!

「自由」の解釈は己次第!踊るもよし!歌うもよし!楽しんだもの勝ち!

1年に1度の祭典、通称「シブポ」が今年も開催!!

♢DJ

・LIGHTル(TOKYO BOOTLEG)

東京都渋谷を中心に活動する邦楽ロックDJ。

ハイスピードかつトリッキーな変則MIXを得意とし、楽曲をあえて崩しながら再構成していくその技術の高さからブースの前には常にヘッズが集まる。

2012年にDJキャリアをスタート。2013年には中田ヤスタカ(CAPSULE)がレジデントを務めるマンスリーパーティー「FLASH!!!」のレギュラー枠を獲得し以後2年間務め上げる。2014年夏には、自身にとっても憧れであった東京代表格の邦楽ロックDJクルー「TOKYO BOOTLEG」に新メンバーとして加入。同年秋には、Genre Bending DJユニット「LADY’S ONLY」を結成。2014年度は年間総出演本数も100本超えを果たした。

現在も都内ビッグパーティーはもちろんの事、郊外へも年間20本近く遠征出演をしており、全国的な知名度及び評価は他のロックDJを圧倒している。派手な容姿とプレイからは想像し難いが性格は生真面目で、新人DJの育成やローカルDJのフックアップなどロックDJ文化の発展に精力的に取り組んでおり、プレイヤーとしてもオーガナイザーとしても東京を代表する若手筆頭株である。

・tamu (MIXBOMB)


関西最大級の動員を誇るアニメ×J-POP融合イベント「MIXBOMB」& 2011年より毎年開催される関西の夢のオールスターイベント「FES」主催。

サブカル以外の幅広いジャンルにも参加し、DJ・VJアーティストやオーディエンスからの厚い支持によってシーンを牽引し続けている。

過去幾多のゲスト出演、台湾で開催された「ACG BunGeee」、韓国ソウルでの「OTACOS」にも出演を果たし海外でも注目を集めている。2016年より「ANIMAX MUSIX」公式DJイベントへも2年連続で出演。

数々のアニソンシンガーのバックDJも務めたことがあり、活動範囲は関西だけに留まらず全国各地へと精力的に活動している。

2017年5月より、プロダクションDJスクール「IDPS」大阪校の常任DJ講師として在籍。

ANIME・J-POP・ROCK等を中心とし、座右の銘である “No Music No Life” を元にフロアを踊らせ続ける。

【Twitter】 https://twitter.com/tamu777

【MIXBOMB】 http://mixbomb.net/

【DJスクール「IDPS」】 http://www.idpsorg.com/

・MONICO

コスプレ・DJ・音楽活動など、広域範囲で活動し、「ORESAMA」のバックDJとしても活躍中。

アートディレクションには「GraphersRock」、サウンドプロデューサーにJ-COREや音ゲーのカリスマ「REDALiCE」と次世代POPマエストロ「tomggg」が参加する “MONICOプロジェクト” としてアーティストソロ活動も2016年にスタート。

2016年12月には2nd写真集+音源プロダクト「COLOR」が発売。

アニメ・ゲーム・コスプレ・音楽・ファッション・・・様々なカルチャーをクロスし、たくさんの情報量をMONICOとして昇華するハイブリットガール。

日本だけにとどまらずアジア圏にもその魅力は伝染中!

・DJ春菊(PURE IBIZA)

1990年生まれのDJ/ポップカルチャー愛好家/サウナ・スパ健康アドバイザー。
インターネットとBOOKOFFの狭間で文脈至上主義のオルタナティブな学生時代を過ごした結果、反動でポップカルチャーに傾倒。東京にてJ-popを中心としたDJ活動を開始する。BPM100前後のゆったりとしたグルーヴや、disco/funkなサウンドのJ-popを得意とするDJである。 これまでにGROOVE別冊「秋葉系DJガイド」人気DJ50人特集へ掲載される他、ハロー!プロジェクト史上初の公式DJイベントをキュレーションし、タワーレコード渋谷店やハロプロオフィシャルショップでのDJを経験。2015年4月から日本語ダンスミュージックパーティPURE IBIZAのレギュラーに加入。近年は銭湯/サウナ通いの傍ら、クラブやライブハウスだけではなく、居酒屋・スナックでのDJも数多くこなしている。
・Soap (ex.MEN’S KNUCKLE)

サイバーゴリラという異名を持つきゅあメタル、守崎二花の妹という謎のDJ神木みくの女DJユニット。
6月1日をもってMEN’S KNUCKLEからSoapに改名したばかりのできたてユニット。
過去に日本音速、サイバーゴリラなどイベントを企画しユニットとして出演。
・ふくゐちゃん(アニソンディスコ)

幼少期より『おかあさんといっしょ』のけんたろうお兄さんや『ハッチポッチステーション』のグッチ裕三といったアーティストの影響を受けて育ち、NHKミュージックの虜となる。
『みんなのうた』の「コンピューターおばあちゃん」が収録されたカセットを擦り切れるまで聞き込み、『カードキャプターさくら』に憧れてローラーブレードを練習していた頃、『天才テレビくん』に出演していた飯田里穂ちゃんの可愛さに衝撃を受け上京を志す。
『なんでもQ』全問正解という神童ぶりを発揮しつつ、高校時代『クッキングアイドル アイ!マイ!まいん!』を心の支えとして東京大学に合格した後は、湯島の下宿を拠点として貪欲にアニメを鑑賞。最近では、『0655/2355』や『びじゅチューン!』などに惹かれつつも、「結局『忍たま乱太郎』が1番落ち着くよねー」と語る、今最もいい感じのDJの1人である。
・naePi-YO(姫神/MIXiMUM!!!)
きらきらDJ屋さんとしてかわいい時間をお届けするために全国でDJ活動をしている。
i☆Risの踊ってみたユニット「i☆Chiken」のメンバーとしても活動中。
出演者全員が女の子のサブカル系パーティー『姫神–ヒメガミ–』を主催。
ZEPP NAGOYAで行われた『ビリカム一周年大感謝祭』や『ASOBI QUEST』『BunGeee☆』『VIVIVI』などの様々なジャンルのイベントに出演。
Twitter @nae_ashiro
・taros
ヲタクの聖地・秋葉原「@ほぉ~むカフェ」の元メイド。元気100倍なテンションの高さと愛嬌の良さはピカイチ。
キラキラ永遠の17歳だったが、今はただの花より酒好きな新人DJ。被写体としても活躍中。
合言葉は、やる気!元気!
・DJさくらきゅん(MIXiMUM!!!)

アイドルグループCAMOUFLAGEのメンバーとして全国で活動しながら、名古屋のアイドルDJの先駆けとしてDJ活動を始める。
グループを卒業後もクロスオーバーなスタイルでフロアをロックし、「FutureDiver」でオタク全員を脱がせたエピソードはあまりにも有名。
名古屋の元アイドルの人妻の中で最も期待されているDJである。
・ぐるこつ。(DJぐるぐる。xcoccham)BtoB

プリキュアになる為都内を中心に活動中。
邦楽ロック、J−POP、アニソン等オールジャンルをミックスしたプレイで会場を楽しませます。
2013年7月活動開始。
約1年後、2014年7月に最強の邦楽ROCK DJ集団『TOKYO BOOTLEG』に加入。
現在はROCK DJ以外にも、様々なアイドルイベントやオールジャンルイベントにも多数出演しているが、どの現場でも邦楽ROCKをメインにアイドルソング、J-POPやアニメソングを、有名無名問わず自身の好む選曲、そしてテンポよく曲と曲を原曲で繋いでいく勢いのあるプレイ、パフォーマンスで会場を魅了している。
・SPACE JOJl POD (やおよろず)

遥か彼方の銀河で行われているDJイベントやおよろずからの派生ユニット。
メンバー間のモテ格差を理由に計8度の解散をするもシブポに出たい一心で半年の沈黙を破り再結成。J-POP、ROCK、アイドルソングなどを中心に天文学的なオールジャンルMIXを披露する。
・DJ八九寺ゆりりちゃん(/汚茶会/かわいい感じジャパン/あにのま)

2014年9月にアニクラの存在を知り、常連客を経て自らアニソンDJになることを決意。2016年3月に練習開始し、1ヶ月という短くも濃密な練習期間を経て同年4月、clubasia20周年記念イベント、1Fラウンジ「アニば」にてDJデビュー。「DJ八九寺ゆりりちゃん」と名乗っておきながらμ’sファイナルライブの余韻が抜けず「にこにー」のコスプレで出演し話題を呼んだ。後に立て続けに3件連続でclubasiaに出演し、ラッキーツインテールの異名を手にする。2016年は計23件のイベントに出演、2017年には「Xi-lium」「夏の宴」への出演も決定。主食は油そば。アブライバーとしても日々精力的に活動している。(文章:TaiGa)
・私立めいどりーみんズ(アイドルフィーバー(仮))

背が高くてやさしい。
・NASH (Klaxion Club)

その魑魅魍魎のような風貌が人々の興味を誘い、名前と噂がTwitterを介し、全国各地を一人歩きしているDJ。
2012年に静岡県でDJとしての活動をスタート。
2013年に初の主催イベント “Klaxion Club” をオーガナイズ、これまでに GEEKSTREEKS、0.8秒と衝撃。、VOLA & THE ORIENTAL MACHINE、FABLED NUMBER、魔法少女になり隊、SPARK!!SOUND!!SHOW!!、deronderonderon、THE BOY MEETS GIRLS、LADY’S ONLYなど、ジャンルの垣根を越え、様々なアーティストが出演。
フリーテキーラやフリーシャンパンなどの催しを行い、音楽以外での観点でも注目を集める。
2014年には ADAM at、Bentham、Brian the sun、Czecho No Republic、DAOKO、ENTH、FINLANDS、GOMESS、Hello Sleepwalkers、THE MUSMUS(ex.UPLIFT SPICE)、ONIGAWARA、PANPEE、sumika、THREE LIGHTS DOWN KINGS、tofubeats、小野武正(KEYTALK)、ピアノゾンビ、ピエール中野(凜として時雨)、ミソッカス、ヤバイTシャツ屋さん、ゆるめるモ!、夜の本気ダンス、04 Limited Sazabysらが出演した、静岡県でも有数のイベント “Wooly” にレギュラーDJとして加入。
 
過去にはTOKYO BOOTLEG、onion night!、ピストル・ディスコ、Getting Better、ジャイアンナイトなど、数々の有名ROCK DJイベントに出演。さらには新潟や仙台、名古屋や大阪などへの遠征と活動の範囲は全国へと広まっている。
 
昨今のROCK DJシーンでよく見られようになったROCK×BASS MUSICのスタイルをいち早く取り入れ、そのスタイルを主軸に、30分に30曲以上流すなど矢継ぎ早に曲を繋いでいくハイスピードなプレイや、踊らせ躍らせる展開と聴かせる展開で緩急を付け、フロアを宛らLIVEのように演出する。
2016年には満を持してDJとしての活動拠点を静岡県から東京都に移転。
「今、もっとも注目されるROCK DJ」と表現されるよう日々活動している。
・サラマンダーズ(じゃくとxtt6)BtoB

There ain’t no fear
There ain’t no hope
There ain’t no right
There ain’t no wrong
Just make it loud x3
I feel no touch
・Team 大阪PRIDE(MIF/くんちゃんさん)

レペゼン日本橋。
Q.「MIFってなんですか?」
A.お酒を浴びるように飲むDJイベントです。
Q.「行ったらどうなりますか?」
A.帰りの電車で「MIFおもしろすぎたンゴw w w w」ってツイートしたくなります。
Q.「くんちゃんさんってなんですか?」
A.唐揚げです。
マほい内閣官僚総動員で大阪スタイルを見せつけます。
・Team OTOROCK (名古屋)

 
2011年名古屋にて始動。
マイペースな活動でそこそこな人気を何故か得る。ほんとに何故かわかんない。
現レギュラーDJは音楽を聴かなくなった和食料理人の主催、アジカンのパクリしてる人、すぐLINEを聞くデブ、たまにしか来ない社畜、DJ大器晩成、急に話し出すサイコパスVJと個性が地味にキツい陰キャラオールスター。
出来れば仲良くしてください。
 
・遊Viva!Nightクルー(東京)

「音を楽しむ、音で遊ぶ、新しい音楽と出逢ってもらう」をコンセプトに『音楽と人』を繋ぐみんなの遊び場。
邦楽ロックをメインとしながら音楽との出会いの場を提供すべく、東京渋谷で活動中!
的屋?地上げ屋?とも噂されがちじゅん©︎と、恐れ多くも先輩DJ方からピカチュウキャラを奪おうと必死なまありゅのBtoBで出演します!
 
Tacn (WonderGround)

読み方は”たくん”。
ロックDJを始めたのにアイドルヲタク化が進行、一時期三重から秋葉原に通っていた影響でドルソンのみでなくアニソン・ボカロも聞き始める。クラブイベントにも足を運ぶようになり、FutureBassやウタモノのRemix等を好むようになってネットレーベルやSoundCloudを漁っているが家のPCはインターネットに繋がっていない(要ネカフェ)。
2016年、半年で某女児向けアニメを見終え、立派にそのアニメのヲタクと化し、それ関係で簡単に崩れ落ちるようになった。お陰様で現在は多岐に渡るジャンルでDJ playするようになる。自称”今一番何処にいるのか分からないDJ”である。
・moro

今ロックDJ界で若手の代表格と言っても過言ではない実力派若手DJ。
古い年代から新しい年代まで幅をきかせた選曲やイベントによってはロックだけではなく他ジャンルを織り交ぜながらの選曲はオーディエンスからの多大な支持を得ている。プレイスタイルとしては小技が散りばめられたトリッキーなプレイや曲を矢継ぎ早に変えていくショートMixなどが特徴的。
・DJきゃりーん(姫神)

きゃりーんはDJとしてフロアを沸かし、ヲタクとして柏木由紀を愛する人生を満喫していた。しかしチームしゃちほこの秋本帆華が現れ、少しずつその生活に変化が、、、。ももいろクローバーをはじめ、BELLRING少女ハート、プティパなどが、”きゃりーんのいない世界”を作ろうと、彼女の前に立ちはだかる。
そしてついに、世界の終わりが近づこうとしていた、、、。
・マスクメイド(ちゃんたく☆ないと)

ロングメイド服+仮面という独自のスタイルで、ダンサー、DJ、MC、コスプレイヤー、振付師とマルチに活動。
アニソン、VOCALOID、アイドルソングなど、A–POPカルチャーにちなんだ楽曲を中心に、身体全身で楽しむプレイスタイル。
好きなジャンルは電波ソング。
・かーどきゃぷたー花屋ちゃん

1994年、地球に上陸。
小さな島国日本のロック・アニメ・アイドルなどのサブカルチャーに感動し、”かーどきゃぷたー花屋”として「この星全ての人の脳内をお花畑にする」ことを野望に音楽活動を始める。
バンドマン・イベンターとして徐々に地球に侵略しつつ、2016年5月よりDJ・コンボーサーとしてメインに活動することを決意。
・杏野モモコ

 
元キャンディフルーツオプティカルのメイドで杏野モモコとして活動。
めいど・ぬ〜ん・でぃすこなどでDJとして活躍している。
・nego (MiXTUNE/蠍真夜中)

レペゼン静岡。
アイドルソング、J-POP、A-POPをこよなく愛するパーリーピーポー。
「パリピではないが、パリピぶるのは好き」という彼のステージはパリピそのもの。
ジャンルを問わずオールラウンドにプレイ。
代謝が良く、基本汗だく。
噂のDOPE集団「蠍真夜中」所属。担当は探求者。
DJひなちゃん(めいどりーみん渋谷店)

めいどりーみんのDJと言えばDJひなちゃん☆
いつもは歌って踊ってみんなを盛り上げるひなちゃんだけど、この日はDJでみんなを沸かせちゃうよ♪
Assi:-)(夜猿/蠍真夜中)

電気グルーヴ、細美武士、DJじゃくとに影響を受け、DJキャリアをスタート。
邦楽ROCKやエレクトロサウンドを中心に、時にBASSMUSICをMIXするなどグルーヴ感を意識したDJスタイルを心がけている。
大阪で新ROCK DJパーティーである「夜猿」を主宰。自身もレジデントDJをつとめる。
こだわったブッキングでイベントオーガナイズに精力的に取り組み、常に挑戦の姿勢を見せ続けている。
エンターテイメント集団の「蠍真夜中」、広島アニメソング超パーティー「やばきゅーぶ」所属。
♢LIVE
・柚希未結(東京)

毎日笑顔でキラキライフ!人生生きてりゃ\丸儲けー!/

希望と未来を結びたい☆.*

北九州出身フリーアイドルやって生きてます!
【公式MV】
・茉嶋みらい(東京)

茉嶋みらい(マジマ ミライ)
関東を中心に活動する多才なソロアイドル!
誕生日:9月28日
出身地:大阪府茨木市
趣 味:海釣り、シュノーケリング
特 技:アクロバット、パソコン作業
ス キ:おさかな、青色、太陽の塔たいやき、甘食、インドカレー、ピザ
ライブ活動を中心に、歌と絵と芝居をしています。目標はアニメの主題歌を歌うこと!お寺に籠もって修行している時以外は毎日必ずブログを更新しています!
【NEW GATE/茉嶋みらい】
 
・_under_(大阪)

大阪で活動中のLIVEアイドル。
「一ノ瀬栞」「高橋結愛」「修羅院てら」「稀ノ崎ソク」の4人組期間限定ユニット。
 
♢VJ
・NaZaM_abracadabura(tetrodotoxin VJ/Y’s Man YOURSELF host)

人です。VJをします。
 
・Tommy(やばきゅーぶ)

南国の地マカオで生まれ、高校を卒業後、地元のタクシー会社でドライバーを5年経験した後、VJに転身。
VJ道を極める為、母国に妻と子を残し日本の広島に移住。
初めて覚えた日本語は「靴下」。
ロー◯ンのレジ打ちで生計をたてながら、師匠VJである伊達の元で修行中。
今、最もお金を計算するVJである。
本名はアバチャ・デミグラス・ボルセントワール・トミーフランキー。
[ 注意事項 ]
・未成年者の飲酒・喫煙は固くお断りさせていただきます。
・当イベントにおいての盗難、トラブル等の責任は主催、会場側は負いかねます。
・会場の周辺で溜まる・騒ぐ等近隣の迷惑となる行為はご遠慮下さい。

 Date & Time

2017/09/02(Sat)
13:00~20:00

並び行為が禁止の為、入場時の混雑が予想されます。354CLUBのOPENを12:30としますので、りーみんStageオープンまでOPDJをお楽しみください。

詳細

日付:
9月2日 土曜日